お知らせ

2016.11.18 「ゴッホとゴーギャン展」特別番組、TBSチャンネル2にて放送決定!

特別番組『ゴッホとゴーギャン~二人の画家が椅子に込めた思いとは』
放送日時:11/29(火)午後2:00~午後3:00 、12/13(火)深夜2:30~深夜3:30
出演:市村正親


 東京上野に人が続々と集まっている。

 ゴッホとゴーギャン、19世紀が生んだ二大巨匠の“椅子”の絵を見るために。
なぜ現代人がこれほどまでに“椅子”に魅せられるのか?その“奇妙な需要”をひもとくと、「近代」が生んだゴッホとゴーギャンという二人の画家の真実が、そして私たちの心の小さな叫びが見えて来る。

 画風も性格も全く異なる二人の画家は、パリで出会い意気投合、アルルで「画家の共同体」を作ろうと共同生活を始める。しかしわずか二ヶ月で決裂。ゴッホは自らの耳を切り、ゴーギャンはアルルを去り、タヒチへと向かう。
その後会うことはなかった二人だが、お互いがお互いのことを思って描いた絵画あった。それが“椅子”だ。
ゴッホが描いた《ゴーギャンの椅子》はビビッドな色使いと有機的な形が見る者に迫り来る。ゴーギャンが描いた《肘掛け椅子のひまわり》は、ゴッホを連想させるひまわりが、かつてゴッホが自分に用意してくれた肘掛け椅子の上に無造作に置かれている。

 椅子とは何か、二人が椅子に託した思いとは?私たちは椅子に何を見ているのか?
戯曲「炎の人」でゴッホ役を好演した俳優市村正親さんが、その真実に迫る。

撮影地:東京・上野、東京都美術館「ゴッホとゴーギャン展」会場

撮影地:パリ、モンマルトルの小路

撮影地:オーヴェール・シュル・オワーズ、「ゴッホの家」

お知らせ一覧