作品紹介

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)。19世紀末に活躍し、今なお世界中の人々に愛されてやまないこの二人の画家に焦点を当てた、日本初となる展覧会を開催します。
オランダの牧師の家庭に育ったファン・ゴッホと南米ペルーで幼年期を過ごしたゴーギャンは、生い立ちや性格だけではなく、絵画表現も大きく異なります。ファン・ゴッホは現実の世界から着想を得て、力強い筆触と鮮やかな色彩による作品を生み出し、ゴーギャンは、装飾的な線と色面を用いて、目には見えない世界をも絵画に表現しようとしました。1888年、彼らは南仏アルルで約2カ月の共同生活を送ります。ともに制作し、時には激しい議論を重ねながら刺激を与え合いました。
本展は、ファン・ゴッホとゴーギャンの初期から晩年にわたる油彩画約50点を含む約60点を展示します。二人の画家の特徴を浮き彫りにし、その関係性と芸術性に光を当てます。

「最高傑作」、来日。それぞれの「収穫」

今回、ファン・ゴッホとゴーギャンがそれぞれに「最高傑作」と認めた2点のアルルの「収穫」が特別に出品されます。
小麦の収穫を描いたファン・ゴッホの《収穫》は、画家自身がある1点の静物画を例外として
「他のすべての作品を完全に圧倒する」(フィンセント・ファン・ゴッホ、1888年6月、テオ宛の手紙)
と述べた自信作。
ゴーギャンの「収穫」は、日本初公開となる《ブドウの収穫、人間の悲惨》です。ワイン用のブドウの収穫を描いた本作についてゴーギャンは、次のように手紙に記しています。
「このブドウ園の風景はアルルで目にしたものだ。そこに、ブルターニュの女性を配した。実際にないことだがかまわない。今年描いた最高の絵画だ。乾いたらすぐにパリに送る予定だ」(ポール・ゴーギャン、1888年11月、エミール・ベルナール宛の手紙)
ファン・ゴッホもこの作品を熱烈に称賛しており、テオへの手紙でも
「今、彼は完全に記憶からブドウ園の女性たちを描いている。彼が、この絵を台無しにしたり、途中で投げ出したりしないなら、とても素晴らしく、かつてない作品となるだろう」(フィンセント・ファン・ゴッホ、1888年11月、テオ宛の手紙)
と語っています。

拡大 フィンセント・ファン・ゴッホ《収穫》
1888年6月、アルル 油彩、カンヴァス
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)
©Van Gogh Museum, Amsterdam
(Vincent van Gogh Foundation)

拡大 ポール・ゴーギャン《ブドウの収穫、人間の悲惨》
1888年11月 油彩、ジュート
オードロップゴー美術館
©Ordrupgaard, Copenhagen
Photo: Anders Sune Berg

ファン・ゴッホが描いたゴーギャン。ゴーギャンが描いたファン・ゴッホ。

1888年11月、アルルでの共同生活が破綻する前にファン・ゴッホは《ゴーギャンの椅子》を描きます。ファン・ゴッホは生涯で1点しかゴーギャンの肖像画を描きませんでした。本作では、ゴーギャンが使っていた椅子によって、そこに座るべきゴーギャン自身の存在が表現されています。ゴーギャンの象徴的肖像画として位置付けられる本作は、貴重な1点となっています。
一方、ファン・ゴッホの死から11年後、ゴーギャンはタヒチで《肘掛け椅子のひまわり》を描きます。ゴーギャンは友人に頼んでひまわりの種をヨーロッパからタヒチに取り寄せ、この作品を完成させました。ひまわりはファン・ゴッホが好んで描いたモティーフであり、晩年のゴーギャンがファン・ゴッホを意識して描いた重要な作品です。
アルルでの共同生活の後、再会がかなわなかったファン・ゴッホとゴーギャン。二人がそれぞれを想いながら描いた傑作をこの機会にぜひご覧ください。

拡大 フィンセント・ファン・ゴッホ 《ゴーギャンの椅子》
1888年11月、アルル 油彩、カンヴァス
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)
©Van Gogh Museum, Amsterdam
(Vincent van Gogh Foundation)

拡大 ポール・ゴーギャン《肘掛け椅子のひまわり》
1901年 油彩、カンヴァス
E.G. ビュールレ・コレクション財団
©Foundation E. G. Bührle Collection, Zurich